クラウドとは?がよくわかる本

最近のはやりのキーワード「クラウド・コンピューティング」について書かれた本がいくつかでていますが、私にとって一番わかりやすい本でした。

イメージしたものを一言で表すと、「会社のサーバーがいらなくなり、すべてインターネット上から利用する。」という感じを掴みました。

「クラウド・コンピューティング」という言葉は、実体のあるものではなく、ちょっと前にはやったWEB2.0と同様で、概念というかバズワードのようです。
(バズワードという言葉は別のクラウド本に出ていてはじめて知りました。まぁ、ちょっとしたはやり言葉みたいです。その言葉自体、バズワードのようですが。)
んで、クラウド・コンピューティングの代表格は、amazon,googleで、マイクロソフトは、Windows Azure(アジュール)で追いかけているようです。

[amazonjs asin=”4492580824″ locale=”JP” title=”クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です