ORACLEバックアップ exp

オラクルのバックアップはコマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

exp id/password@db file=backup.dmp full=y

id部分には、登録したIDを、
passwordには、登録したときのパスワードを
dbは、データベース名を入力する
backup.dmp は、バックアップファイル名を指定する。
パスをつけてもかまいません。

特定のテーブルをバックアップするには

exp id/password@db tables=(‘table_a’,’table_b’) file=c:\backup.dmp

tables=(,,,)で指定します。

条件を指定してバックアップするには

exp id/password@db tables=table_a query=\”where a_name like ‘%taro%’\” file=c:\backup.dmp

上記の例では、table_a テーブルから a_name フィールドに taro という文字が含まれているレコードのみバックアップします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です