SQL Server データベース圧縮/ログ切り捨て/バックアップ

SQL Server で更新を繰り返すとデータベースのログが巨大化してしまいます。
定期的にログの切捨てとデータベース圧縮をすることでかなりファイルサイズは小さくなります。

圧縮とログ切り捨てのコマンド

USE MASTER
--ログの切捨て
DUMP TRANSACTION DbName WITH NO_LOG
--データベース圧縮
DBCC SHRINKDATABASE (DbName)

私はスケジュールを組み込んでデータベースのバックアップ後に実行しています。
このバックアップコマンドとDB圧縮、ログ切り捨てをタスクのスケジュールをすれば怖いものなし。
さらにそれを外部記憶または別PCに保管まですれば、心配無しですね。

バックアップコマンド

--バックアップ
BACKUP DATABASE [DbName]
TO DISK = N'C:MSSQLBACKUPHogeHoge.BAK' WITH INIT
, NOUNLOAD , NAME = N'Hoge', NOSKIP , STATS = 10, NOFORMAT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です