CakePHP サイトを作る

book サイトを作る

XAMPP Control Panel を起動する。
C:\xampp\xampp-control.exe

XAMPP Control Panel 内の Shell ボタンをクリックする。
XAMPP

シェル(コマンドプロンプト)が起動するので、コマンドを入力する。

cd \xampp\htdocs

composer self-update && composer create-project --prefer-dist cakephp/app book

しばらく待つ。。。

最後に Yes or No を聞かれるので、Enter入力

Set Folder Permissions ? (Default to Y) [Y,n]?

XAMPP Control Panel で、Apache 起動済みであることを確認して、
ブラウザからアクセスする。
http://localhost/book/

CORESERVERでCakePHPを動かす

フォルダの準備

mkdir cakephp
cd cakephp

CakePHP 3.6 Red Velvet Cookbook インストール より
https://book.cakephp.org/3.0/ja/installation.html

composer を持ってくる

$ curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

ls コマンドでファイルがダウンロードされたことを確認する

composer.phar

どうやらcomposerは、PHPを指定して実行するようだ。
/usr/local/bin/php71cli composer.phar
参考
https://www.ws-meguro.jp/?tag=coreserver

バージョンを確認する。

-bash-4.2$ /usr/local/bin/php71cli composer.phar -V

Composer version 1.6.5 2018-05-04 11:44:59

プロジェクトを作成

/usr/local/bin/php71cli composer.phar create-project --prefer-dist cakephp/app my_app_name

シンボリックリンクの作成

ln -s ~/cakephp/my_app_name/webroot ~/public_html/my_app_name

ブラウザから確認
http://www.getnext.net/my_app_name/

Wimp って流行るのか?

マイクロソフトのページに行ったら「WIMP」なる単語が、紹介されていた。
LAMPを知っている方なら、想像つくと思いますが、ちょっとコピペさせていただきます。

WINP とは

サーバー OS には Windows Server、Web サーバーには IIS、データ ベースには MySQL などのオープン ソース DB、開発言語には PHP/Perl/Python。Web アプリケーションを構築する環境において、従来の LAMP (Linux/Apache/MySQL/PHP) に匹敵する新たなソフトウェアの組み合わせです。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/iis/ee794964.aspx

流行るのだろうか?疑問だ。。。
wikipediaにも登録されていない。

検索でヒットしたこの本の中では「WIMP」が使われているようだが、amazonの「なか見」では見れないなぁ

[amazonjs asin=”4797345101″ locale=”JP” title=”PHPによるWebアプリケーションスーパーサンプル ~リッチクライアント編~”]

XREAにPEARを導入する

作って覚えるPHP+MySQLアプリケーション』という本を手にして、レンタルサーバのXREA(value-domain)に登録するまでの手順をメモ。
まず、ローカルのXAMPPにPEARの導入。
0.XAMPPをインストール
1.コマンドラインからPHPを使用可能にする。
マイコンピュータのプロパティから
詳細設定
環境変数
path に以下を追加した
;d:\xampp\php
コマンドプロンプトで確認
D:\xampp\php>php –version
PHP 5.2.6 (cli) (built: May 2 2008 18:02:07)
Copyright (c) 1997-2008 The PHP Group
Zend Engine v2.2.0, Copyright (c) 1998-2008 Zend Technologies
with Xdebug v2.0.3, Copyright (c) 2002-2007, by Derick Rethans
2.pearのインストール
>d:\xampp\php\go-pear.bat
3.その他ライブラリ
本に書いてあるとおり、入力。
pear install MDB2
pear install MDB2_Driver_mysql
pear install -f HTTP_Session2
pear install -f -a HTTP_Client
pear install -f -a XML_Serializer

4.XREAにアップする
public_htmlと同レベルにアップロード。
FTPクライアントとソフトは、FileZilla
5.pearのパスを設定する
各サンプルのlib/set_path.php にパスを設定しろとあるところを以下のとおり設定した。
$pear_path = ‘/virtual/ユーザ名/PEAR’;
define(“SMARTY_DIR”, “/virtual/ユーザ名/public_html/smarty/”);
?>
XREAには、標準でPEARが入っているようだが、HTTP_Session2とか
無かったようなのでローカルのPEARを指定した。
ちなみに、XREAのPEARパスは、
//$pear_path = ‘/usr/local/lib/php’;
以上。これで、サンプルは動いた。確か。
やったときにメモしないと忘れるなぁ。

[amazonjs asin=”4883376060″ locale=”JP” title=”作って覚えるPHP+MySQLアプリケーション―ブログ、ショッピングサイトからマッシュアップまで”]

本のデザイン、カバーはセンスがいいが、中身がちょっと飛んでいるところがある。
その分、スイスイ読んだ気になる。PHPをゼロから覚えるのであれば、リファレンス本も必要です。

EclipseでPHPを始めよう!

PHPを始めようと思いつき、ネット検索してみたところ最近ではEclipseを使ってできるそうだ。
まずは、プラットフォーム。 XAMPP(ザンプ) というのを使うのか。
Apache、MySQL、PHP、Perl が1回のインストールで導入できました。これは凄い。
いつの間にこんな便利になったの?ちょっと前はLAMPというコトバだけあったけどそれをこんな簡単にインストールできてしまうのですね。恐るべしオープンソース。
次に、開発環境。Eclipseにオールインワンのがあるのか。フムフム
じゃ最新版をダウンロード。
PDT All-in-One pdt-all-in-one-R20080103-win32.zip
んで。Eclipse を Pleiades で日本語化と。
ここまでは、難なく出来た。んがっ!
Eclipse設定がネットの皆さんが説明している画面と違うぞ!?
似たようなメニューを探すも、挫折。。。
最新版は変わったのかなぁ。。。
ネットの参考にしたホームページと同じものをダウンロードして解決!
参考にしたのは以下のサイトで、ダウンロード、インストール、ビルド、デバッグまで説明してありました。
ありがとうございました。
Eclipse+pdtインストール 日本語化してPHP開発環境を作る(Xampp)
http://de-lab.com/development/eclipse/eclipse/#more-51
教訓 『最新版には手を出すな!』
さて、何を作るか?だな。

Eclipse3ではじめるPHP5プログラミング入門―Eclipse PDT対応 Eclipse3ではじめるPHP5プログラミング入門―Eclipse PDT対応
(2007/12)
掌田 津耶乃商品詳細を見る
まさに、やろうとしているキーワードだらけの本だ。