C# Excel作成コンポーネント比較

C#でExcelファイルを作成するには、次の3通りだろうか。
XLSベースのファイルであれば、もっと選択肢はありそうだが、Excel2000形式(.xls)を捨てるわけにはいかない。

ActiveX

実行環境にExcelが必要。
インストールされているExcelで動作が異なる。
遅い。

PowerTools XLS for .NETコンポーネント

実行環境にExcelは不要。
シート間のコピーができる。
速度が高速
考え方は、ActiveXに似ているので、ActiveX資産がある場合は、これを使うのが良さそう。

ExcelCreator 5.0 for .NET

実行環境にExcelは不要。
シート間のコピーができない。たしか、ブック間も。
速度が高速。
定型ファイル(テンプレートに)差し込みだけならこれかな。

C# ネーミングルール

  • 英語を使うこと。ローマ字は使わない。
  • 単語の省略、短縮はしない。
  • 一般的な頭字語(UI,DBなど)は積極的に使用する。
  • 一般的でない頭字語は使用しない。
  • クラス名は先頭大文字。
  • クラス名はアンダースコアを使用しない。
  • メソッド名は先頭大文字。
  • ファクトリメソッド名は New + オブジェクト名、Create + オブジェクト名。
  • コンバータメソッド名は、To + オブジェクト名。
  • bool変数。Is + 形容詞。Can + 動詞。Has + 過去分詞。
  • 対義語。 Add / Remove , Insert / Delete , Get / Set , Begin / End , Send / Receive , First / Last , Get / Release。

参考サイト
.NETの命名規則 dobon

C#コーディング標準(コーディング規約の会)

参考にした本(出版社が無くなったため、今はもう発売されていない模様)
[amazonjs asin=”4872834151″ locale=”JP” title=”超図解 C#ルールブック (超図解シリーズ)”]

C#からSQLLDRを起動し、戻り値(終了コード)を確認する

Visual Studio 2005 C#からOracle SQLLDR SQL*Loader を起動し、戻り値(終了コード)を確認するまでのサンプルコードをφ(..)メモメモ

//SQLLDRで生成される結果ファイルを削除しておこう
System.IO.File.Delete([出力ログファイル名]);
System.IO.File.Delete([BADFILE名]);  //コントロールファイルとあわせておこう
System.IO.File.Delete([DISCARDFILE名]);  //コントロールファイルとあわせておこう

// SQLLDRの実行
System.Diagnostics.Process p = new System.Diagnostics.Process();
p.StartInfo.WorkingDirectory = Application.StartupPath;
p.StartInfo.FileName = "sqlldr.exe";  //実行するのはコレ
string arg = "userid=[ID]/[パスワード]@[SID]" //必要なパラメータ
arg += " data=[入力CSVファイル] log=[出力ログファイル名]"
arg += " control=[コントロールファイル]"

p.StartInfo.Arguments = args
p.Start();           //ここで実行
p.WaitForExit();     //終了まで待つ これがないと、怖いよ

//実行結果を確認 戻り値(終了コード)
int procExitCode = p.ExitCode;
if (procExitCode != 0)
{
//正常終了だっだらの処理
}

前提条件は、コマンドプロンプトで SQLLDR ができること。実行パス(Application.StartupPath)にコントロールファイルがあること。

戻り値(終了コード)一覧

内容
0 正常終了
1 コントロールファイルが無い
パラメータエラーのときログインエラーのとき
パラメータエラーのとき
2 BADFILEが出力されたとき
DISCARDFILEが出力されたとき
4 ログファイルが読み取り専用で出力できないとき

(結果に自信は無いので、確認して下さい)

Oracleヘルプではこの辺に書かれてました。
Oracle Database ユーティリティ 10g リリース2(10.2)
7 SQL*Loaderコマンドライン・リファレンス
http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle10g/102/doc_cd/server.102/B19211-01/ldr_params.html#1087966

コントロールファイル(通常 拡張子.ctl)はこんな感じ

LOAD DATA BADFILE [BADFILE名] DISCARDFILE [DISCARDFILE名]
TRUNCATE INTO TABLE [出力テーブル名]
FIELDS TERMINATED BY ','
TRAILING NULLCOLS
( FLD1, FLD2 ... )

C#でEXCELファイルの出力

C#でEXCEL出力をしてみました。
VB+ADOのときのCopyFromRecordset はとても高速だったのに、かなり遅くなってしまった。

MSのサイトで最適化の余地ありだが。。。COMオブジェクト解放、テストで疲れたので。。。もう無理。。。
『Visual C# 2005 または Visual C# .NET を使用してデータを Excel ブックに転送する方法』
http://support.microsoft.com/kb/306023/ja

コツは、使ったオブジェクトはすぐに解放すること。
動作させるPCでExcelが入っていることが前提です。
Excelバージョンの差は、OPENで吸収すればよかったかと。

    public static bool ExcelExports(string filePath, DataTable dataTable)
    {
        //レコード件数
        int rowsCount = dataTable.Rows.Count;
        int colsCount = dataTable.Columns.Count;
        bool bRet;
        try
        {
            //Excel開始
            Excel.Application woApp = new Excel.Application();
            woApp.DisplayAlerts = false;
            try
            {
                // WorkBooksオブジェクト
                Excel.Workbooks woBooks = woApp.Workbooks;
                try
                {
                    // Workook オプジェクト
                    Excel.Workbook woBook = null;
                    // ファイルが存在しているかどうか確認する
                    if (System.IO.File.Exists(filePath))
                    {
                        //' 既存の Excel ブックを開く
                        woBook = woBooks.Open(filePath,
                        Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing,
                        Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing,
                        Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing);
                    }
                    else
                    {
                        //Bookを追加
                        woBook = woBooks.Add(Type.Missing);
                    }
                    try
                    {
                        // Sheetsオブジェクト
                        Excel.Sheets woSheets = woBook.Worksheets;
                        try
                        {
                            //Sheetを追加
                            Excel.Worksheet woSheet = (Excel.Worksheet)woSheets.Add(
                            Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing);
                            try
                            {
                                //新規作成のとき、追加するシート以外を削除する
                                // ファイルが存在しているかどうか確認する
                                if (!System.IO.File.Exists(filePath))
                                {
                                    // 余計なSheetを削除する
                                    foreach (Excel.Worksheet sht in woSheets)
                                    {
                                        if (woSheet != sht) sht.Delete();
                                        // COM オブジェクト解放
                                        if (sht != null)
                                            System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(sht);
                                    }
                                }
                                //Sheet名
                                woSheet.Name = String.Format("{0:yyyyMMdd-HHmmss}", DateTime.Now);
                                //Cellsオブジェクト
                                Excel.Range woCells = (Excel.Range)woSheet.Cells;
                                try
                                {
                                    //見出しデータ作成
                                    int i = 1;
                                    //列ループ
                                    for (int j = 0; j < colsCount; j++)
                                    {
                                        woCells[i, j + 1] = dataTable.Columns[j].ColumnName;
                                    }
                                    //データの転記
                                    //行ループ
                                    for (int r = 0; r < rowsCount; r++)
                                    {
                                        //列ループ
                                        for (int j = 0; j < colsCount; j++)
                                        {
                                            woCells[r + 2, j + 1] = dataTable.Rows[r][j];
                                        }
                                    }
                                    //幅を文字列に合わせる
                                    Excel.Range woColumns = woCells.Columns;
                                    try
                                    {
                                        woColumns.AutoFit();
                                    }
                                    finally
                                    {
                                        // COM オブジェクト解放
                                        if (woColumns != null)
                                            System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woColumns);
                                    }
                                    //罫線をひく
                                    string strLastAddress;
                                    //最終セルの取得
                                    Excel.Range woCellsLast = (Excel.Range)woCells[dataTable.Rows.Count + 1, dataTable.Columns.Count];
                                    try
                                    {
                                        strLastAddress = woCellsLast.get_Address
                                        (Type.Missing, Type.Missing, Excel.XlReferenceStyle.xlA1, Type.Missing, Type.Missing);
                                    }
                                    finally
                                    {
                                        // COM オブジェクト解放
                                        if (woCellsLast != null)
                                            System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woCellsLast);
                                    }
                                    //Rangeオブジェクト
                                    Excel.Range woRange = woSheet.get_Range("A1", strLastAddress);  //開始は、A1固定
                                    try
                                    {
                                        //罫線をひく
                                        Excel.Borders woBorders = woRange.Borders;
                                        try
                                        {
                                            woBorders.LineStyle = Excel.XlLineStyle.xlContinuous;   //外側および内側
                                        }
                                        finally
                                        {
                                            // COM オブジェクト解放
                                            if (woBorders != null)
                                                System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woBorders);
                                        }
                                    }
                                    finally
                                    {
                                        // COM オブジェクト解放
                                        if (woRange != null)
                                            System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woRange);
                                    }
                                    // ファイルが存在しているかどうか確認する
                                    if (System.IO.File.Exists(filePath))
                                    {
                                        //ファイルの上書き保存
                                        woBook.Save();
                                    }
                                    else
                                    {
                                        //ファイルを「名前をつけて」保存する
                                        woBook.SaveAs(filePath, Excel.XlFileFormat.xlWorkbookNormal,
                                        Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing,
                                        Excel.XlSaveAsAccessMode.xlNoChange, Type.Missing,
                                        Type.Missing, Type.Missing, Type.Missing);
                                    }
                                }
                                finally
                                {
                                    // COM オブジェクト解放
                                    if (woCells != null)
                                        System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woCells);
                                }
                            }
                            finally
                            {
                                // COM オブジェクト解放
                                if (woSheet != null)
                                    System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woSheet);
                            }
                        }
                        finally
                        {
                            // COM オブジェクト解放
                            if (woSheets != null)
                                System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woSheets);
                        }
                    }
                    finally
                    {
                        try
                        {
                            // 閉じる
                            woBook.Close(false, Type.Missing, Type.Missing);
                        }
                        finally
                        {
                            // COM オブジェクト解放
                            if (woBook != null)
                                System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woBook);
                        }
                    }
                }
                finally
                {
                    try
                    {
                        // 閉じる
                        woBooks.Close();
                    }
                    finally
                    {
                        // COM オブジェクト解放
                        if (woBooks != null)
                            System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woBooks);
                    }
                }
            }
            finally
            {
                try
                {
                    //Excel終了
                    woApp.Quit();
                }
                finally
                {
                    // COM オブジェクト解放
                    if (woApp != null)
                        System.Runtime.InteropServices.Marshal.ReleaseComObject(woApp);
                }
            }
            bRet = true;
        }
        catch (Exception ex)
        {
            string errMsg = "Excel出力でエラーが発生しました。\n\n" + ex;
            MessageBox.Show(errMsg);
            bRet = false;
        }
        return bRet;
    }